ワキガ・多汗症総合治療

ミラドライ治療の流れ

カウンセリング
当院のカウンセリングでは、ワキガや多汗症については勿論のこと、ミラドライがどのような治療法なのか、どのような施術を行うものなのか、また、施術後に気をつけなければならないこと、施術後のダウンタイムの有無など細かく丁寧にご説明させていただきます。
気になることや不安なことなど、ご相談やご質問にもお応えしておりますので、どんなことでもお話ください。
※ミラドライの施術前には局所麻酔の注射を行いますので、麻酔アレルギーをお持ちの方は施術を受けられないこともあります。また、妊娠中やペースメーカーなどの体内留置電子機器を使用されている方、酸素補給が日常生活から必要な方は、ミラドライの施術は受けることはできません。
マーキングシート
ミラドライの施術では、汗腺にダイレクトに熱を送りますので、発汗のある場所と毛が生えている場所を治療用のテンプレートをおいて決定していきます。
マーキングはわきの下に薄い紙を当てて、そこにアルコールを含ませた綿を置いてマーキングした線や点が皮膚に移るようにしていきます。このマーキングが済めば局所麻酔を注射してミラドライの照射へと進んでいきます。
麻酔
ミラドライの施術は麻酔をする必要がありますので、わきの下に数か所ほど局所麻酔を注射します。注射は痛みを感じることはほぼありませんので安心をしてください。
麻酔が効き始めるまで5~10分ほど待ってミラドライの照射を始めていきます。
照射
マーキングシートで決定した位置にミラドライの機器を合わせ、マイクロウェーブを照射していきます。ハンドピースを脇の下の定められた位置に当てると、皮膚が吸い上げられていきます。皮膚組織を安定することができれば、マイクロ波が機器から送られ原因となる汗腺を破壊していきます。
1箇所の照射は30~40秒程度で、照射が終われば次の場所にハンドピースを移動させ、同じような流れで作業を進めていきます。およそ20分程度で片ワキの施術が終了します。
アフターケア
施術が終わった後は、皮膚のダメージを軽減させるために施術を行った部分を15分程度冷却します。麻酔が切れると術後の痛みを多少伴うこともありますが、これには個人によって差があります。施術後、違和感や痛みを感じるようであれば、クリニックに連絡してください。
※施術後の数日は激しい運動はお控えください。
モニター募集中

ワキガ・多汗症治療の比較

治療方法 効果 傷跡 ダウンタイム 治療時間 ワキガ治療 多汗症治療
ミラドライ 長期間 なし なし 1時間程度 有効 有効
ワキボトックス 3~6ヶ月
(当院実績)
なし なし 注射で
終わり
有効 有効
※ダウンタイムとは日常生活に支障が無いレベルへの回復期間のことです。

治療内容


マイクロウェーブ照射により汗腺を破壊。短時間で高い満足度&半永久的な効果が得られます。

詳細はコチラ

メスを使わず、ワキガ・多汗症を改善するのが、ワキボトックス。

詳細はコチラ
無料相談はこちら
ご予約はこちら
ワキガ・多汗症総合治療 ミラドライの詳細はこちら
ミラドライモニター募集
体験談
診療案内
ミラドライ
ワキボトックス
ワキガ治療とは
推奨プラン
料金のご案内
医師紹介
交通案内
よくある質問
無料相談はこちら
ご予約はこちら
フェミークリニック総合サイトはこちら
クリニックのご案内
電話:0120-3888-18
心斎橋フェミークリニック
アクセスマップ・交通案内はこちらクリニックのご案内電話:0120-3888-67梅田フェミークリニックアクセスマップ・交通案内はこちら